2019年5月10日金曜日

がんの最新統計「がんは怖くない!」


参考資料
がん情報サービス がん統計「年次推移」
1958-2017年全国がん死亡数・率
全がん協 部位別臨床病期別5年生存率


がんは医療技術の進歩により年々「治る病気」になってきています。

医師も、患者や家族に「がん」であることを伝えることがあたりまえになっています。

しかし患者側が「がん」に対する正しい理解がないと、徒に混乱し、恐怖心を持ってしまうかも知れません。

そこで現状の「がん」に関する最新の情報をお伝えし、不安に駆られて「がん保険」や「医療保険」にすがりつくことのないよう、そして保険屋さんを撃退できるような知恵を皆さんに持ってもらいたいと思いこの投稿を書いています。


まず最初にがんによる死亡者数はどうなっているのかのデータをご紹介します。

がん情報サービスによると、
「がんの死亡数と罹患数は、人口の高齢化を主な要因として、ともに増加し続けている。」と書いています。

がん死亡数(男女別)(がん情報サービスより)  図1

傾向
・男女とも、がんの死亡数は増加し続けている。
・2015年のがん死亡数は、1985年の約2倍。
・がん死亡数の増加の主な原因は人口の高齢化。

このグラフを一見すると、がんによる死亡数が激増していますが、これは統計処理していない生データであり、日本の人口が増えれば、当然がんによる死亡者は増えますし、高齢者人口が激増すると、がんによる死亡者数も激増します。

しかし、がんによる死亡者が増加したのか減少したのかは、同じ年齢、同じ人口を基準として比較する必要があります。

そこで60-64歳の年齢階級について、10万人当たりのがんによる死亡者数(死亡率)としてこれを補正すると、次のグラフとなります。(年齢調整死亡率)  図2
            川島FP作成(1958-2017年全国がん死亡数・率より)

注意
死亡率とは、全国年齢階級別死亡率(対人口10万人)を使用しており、同じ年齢、同じ人口として、がんにより死亡した人数を死亡率としています。

参考
1990年から死亡率が顕著に低下していますが、この頃米国の調査において、抗がん剤には効果がないことが明らかとなったため、この使用を減らした効果によるものと一説に言われています。

このグラフより60-64歳の年齢階級では、1960年の死亡率478.6人が、2017年では274.5人に減少しており、約43%の低下となっています。

参考
このペースで死亡率が低下すると、2020年の死亡率は1960年の50%以下(激減)となります。

したがって、人口10万人当たりのがんによる死亡者数(死亡率)は、医療技術の進歩などにより、年々減っているのが現実なのです。(保険屋さんが言っている「がんによる死亡者が増えている」のは生データのことで、正しく統計処理すれば「激減している」のです。)

これを全年齢について推移状況を示しているのが次のグラフです。
(がん情報サービスより)

全がん
年齢調整がん死亡率の推移(全年齢)  図3

このグラフより、女性は死亡率が顕著に低下しており、1960年からは35%も減っています。

つまりがんで死ぬ人は確実に減ってきています。

この死亡率を全ての年齢階級で合計し、一生涯の死亡率を計算したのが次のグラフになります。   図4

がんによる累積死亡率は、1995年が7000人、2017年が5776人となり、22年間で約17%減少しています。
                川島FP作成(1958-2017年全国がん死亡数・率より)


以上は死亡率についてまとめたものですが、がんと宣告された方の生存率はどのように変化したのかを以下に示します。

部位別5年生存率 図5
がん情報サービスのデータより

「がんの生存率は多くの部位で上昇傾向にある。」

参考
生存率とは、5年相対生存率のことで、100%ならがんと診断されても5年後に死亡する人はいないことになります。

男性の前立腺がんでは、1993-1996年の生存率は65%でしたが、今では、がんと診断後5年経過時点の生存率は98%にも向上しています。

女性では、乳がんの5年生存率が85%から92%に向上しています。(今では100人が乳がんと診断されても、5年後には92人が生存していることになります。)

このグラフが示していることは、多くのがんの5年生存率が右肩上がりとなっており、年々改善されてきています。


このようなデータから、令和という新たな時代では「がん」を克服する日が近いのかも知れません。





2018年10月8日月曜日

値下げされた新CUREとEVERの比較


新CUREは10月から値下げされました。保障内容は以前とほぼ同じであり、違いは新プランには2つの特約が追加されています。

追加された特約
○入院一時金特約(主契約の入院給付金が支払われる入院(日帰りを含む)をしたときにもらえます。)
○通院治療支援特約(主契約の入院給付金が支払われる入院後に生存して退院したときにもらえます。)

値下げされたのは、基本プランだけで、特約のがん一時金は1,970円から2,135円に、重度三疾病一時金は2,490円から2,715円に値上げされています。

通常お客さんは、基本プランだけ選ぶ人は希ですから、特約もあれこれ付けると、結局以前のCUREよりも割高となりそうです。

そこでおすすめの賢い選択方法は、入院日額5,000円で保障が足りないと考える人は、入院日額を1万円にした基本プランとすれば、前CUREよりも368円ほど割安になります。

保険屋さんは脅しをかけて、特約を「おすすめ」しますが、賢い医療保険の選び方は、特約などの「質」ではなく、入院したらもらえる給付金の「量」で選ぶのです。

注意
「質」とは、特約などの給付金が支払われる「事由」のこと。
「量」とは、給付事由はともかく、入院治療にかかった医療費全額を医療保険から給付されればよいので、入院日額や手術給付金などを適切に設定し、特約を付けないのが賢い選択なのです。

基本プランについて、新旧のCUREとEVERを比較したものが次の表です。

CUREとEVERの詳しい比較は、こちらをご覧ください。

閑話休題

シェア拡大に必死なオリックス生命は、アフラックばかり売る乗合代理店などに「自社推奨なら手数料を上乗せ」しますと裏工作をしていたようです。(乗合代理店に公然とこのチラシを配付していたようなので、表工作ですね。)

こうでもしないとCM大王のアフラックの牙城はなかなか崩せないようです。

でもこのチラシに対して、金融庁はかなりお冠なご様子で「比較推奨のプロセスを歪める」とおっしゃられています。

参考
生命保険協会「保険募集人の体制整備に関するガイドライン」より
比較説明に関する留意点(比較推奨のプロセス)
○他の商品との比較を行う場合には、契約概要など、顧客の正確な判断を行うために必要な事項を表示した書面を利用し、保険業法第300条第1項第6号および監督指針Ⅱ-4-2-2(9)を踏まえて適切に説明を行う必要がある。・・・要は公平にやりなさいということ。


しかし保険の乗合代理店で、清く正しく公平に「比較推奨」しているところが一体どこにあるのでしょうか?

もしどこでも清く正しく「比較推奨」しているとすると、すべての保険代理店は同じ商品をおすすめしていることになります。

そこで元保険屋さんとして言わせて頂ければ、保険の営業は皆「実入りの良い商品を売りたい!」のです。

比較しているのは「手数料の多い商品はどれか」だけです。

み~~んな生活がかかってんですからね・・・

参考
保険を売っている人は、そのほとんどが個人事業主(社員ではない)なので、その月の売り上げで翌月のお給料が決まります。


今回はオリックス生命が尻尾を掴まれて、やり玉に挙がりましたが、保険業界すべてがドル箱である医療保険の販売強化に邁進しており、オリックス生命のようにドジを踏まないよう、各社深く深く潜行し、来店型保険ショップに対して裏工作にはげんでいるのです。

参考
週刊ダイヤモンド記事2018.9.21
「今月25日に新規上場する、保険代理店のアイリックコーポレーション。上場に向けて当初公開した有価証券報告書では、経営支援策として手数料を加算して支払ってもらっているとして、生保8社の社名をずらりと並べていたが、9月に入って訂正し、その項目を丸ごと削除したのだ。」つまり裏金はこの業界の常識。そして提案各社の商品の中から、営業職員は手数料の高い保険商品を全力で売るのです。公平に比較とか、お客様のニーズに最適とか言っているのは素人を騙す口実に過ぎないのです。

ということで再び書きますが、「来店型保険ショップにのこのこ出かけて行く人は、人の良いカモネギさん」なのです。




2018年9月3日月曜日

オリックス生命の「新キュア」 初の値下げ!


10月から「新キュア」が約3%値下げされます。
新キュアの値下げは発売開始以来初めてです。

参考
オリックス生命の「新がん保険」は値上げされています。

こちらに書きましたように、今年4月に「標準生命表」が11年ぶりに改定され、平均寿命が延びたため死亡保障(生命保険)は各社一斉に値下げされましたが、医療保険や介護保険は寿命が延びることでコストが嵩むため、3~5%の値上げが予想されていました。

この値上げ予想に反してオリックス生命は10月より「新キュア」の保険料を値下げすると発表しました。(値下げの詳細が分かりましたら、新旧の比較表をUPする予定です。)

参考
平均寿命は伸びましたが、一方厚労省の強力な指導の下、入院期間の短期化もかなり進んでいますから、入院日数で給付金を支払うタイプの医療保険は、保険会社によっては値下げできる余力が生まれているかも知れません。


オリックス生命が値下げした理由として、今や医療保険は、保険会社にとって主力商品ですから、その売れ行きが会社の利益に大きく影響していることが背景にあるのかも知れません。

とは言うものの、各保険会社の対応はバラバラです。
各社の対応状況は以下のとおりとなっています。

≫値下げ組
オリックス生命、三井住友海上あいおい生命、メットライフ生命、ネオファースト生命

≫据置組
ソニー生命、東京海上日動あんしん生命

≫値上げ組
日本生命「総合医療保険」


値下げ組は、この困難な時期にこそ「値下げ」により、一気にシェア確保に走ったようです。

特に「新キュア」の場合、1年間の新契約件数が36.5万件と、アフラック「EVER」の45.3万件に次ぎ2位に甘んじていますから、「新キュア」の優れた商品性+値下げにより、今の順位を逆転し、医療保険の首位を狙っていることは明確です。

これに対しアフラック「EVER」がどう出るのか?
楽しみです・・・


私の個人的見解では、以前は「EVER」の優位性は明確でしたが、はっきり言って今では「新キュア」のコスパの方が優れています。

ではなぜアフラック「EVER」が今でも1位を維持できているのか?

その理由として、テレビCMの余りの多さと、一般の方が保険のコスパについて比較ができない(多くのFPも同様の)ためであると考えられます。

もう一つの理由として、保険ショップの利用が増えているため、「騙される人」が多く居ることです。ですから「無料相談」にのこのこ出かけていくのもどうかと思います。


いずれにしてもこの超低金利の世の中で、コスパの良い保険を選ぶことは難しいのですが、私の考える基準は次のとおりです。

1 貯蓄性がまったくなくなったので、終身保険はクズしかなく、一方短期の「定期保険」はお得になりました。

2 医療保険も「定期タイプ」がおすすめであり、60歳以降は保険を解約し、貯蓄で対応するのが最もコスパが良くなります。

3 はっきり言って契約期間が10年を超える保険は、90%以上の確率で損をしますから、一切関わらないことです。


蛇足
銀行はAIとフィンテックにより将来消滅すると言われています。
保険会社も似たもので、やがては消滅するかも知れません。
(このことは就活生の常識となっており、現状大手の銀行などは新卒採用を大幅に縮小しています。)
ですから10年後、20年後に「第一生命」「日本生命」「明治安田生命」などがそのまま存在していると考えず、1000万円近い金額(大事な老後生活資金)を保険会社に丸投げするようなことは止めた方が良いと思います。


保険も金融商品ですから自己責任でお願いします。


2018年9月1日土曜日

投稿ページ人気ランキング2018(1/5)





             (表はクリックすると拡大します。)


2018年/7月-12月のランキング

1 ケガで入院したら入院費用はいくらかかるか?(足の骨折) 

2 FPが分析する最新保険情報 DCT(dreams come true)

3 第一生命㈱の保険(『順風ライフ』(順風人生)についてのFPの評価)

4 明治安田生命の「メディカルスタイル」の評価

 「一時払い外貨建て保険」を買ってはいけない明確な理由

6 第一生命のメディカルエールはお得か?

7 ニッセイの外貨建て終身保険(ロングドリームGOLD)の評価

8 アフラックの「生きるためのがん保険Days 1」はお得か?

 ネオファースト生命の終身医療保険

10  第一生命㈱の医療保険(「主役人生」についてのFPの評価)

11 第一生命 (株)  「ブライトWay」についてのFPの評価 (その3)

12 第一生命(株)「ブライトWay」についてのFPの評価(その1)





参考
2018/7月-12月の状況

全期間


1位-20位

21位-40位

41位-60位

61位-80位

81位-100位