2018年9月3日月曜日

オリックス生命の「新キュア」 初の値下げ!


10月から「新キュア」が約3%値下げされます。
新キュアの値下げは発売開始以来初めてです。

参考
オリックス生命の「新がん保険」は値上げされています。

こちらに書きましたように、今年4月に「標準生命表」が11年ぶりに改定され、平均寿命が延びたため死亡保障(生命保険)は各社一斉に値下げされましたが、医療保険や介護保険は寿命が延びることでコストが嵩むため、3~5%の値上げが予想されていました。

この値上げ予想に反してオリックス生命は10月より「新キュア」の保険料を値下げすると発表しました。(値下げの詳細が分かりましたら、新旧の比較表をUPする予定です。)

参考
平均寿命は伸びましたが、一方厚労省の強力な指導の下、入院期間の短期化もかなり進んでいますから、入院日数で給付金を支払うタイプの医療保険は、保険会社によっては値下げできる余力が生まれているかも知れません。


オリックス生命が値下げした理由として、今や医療保険は、保険会社にとって主力商品ですから、その売れ行きが会社の利益に大きく影響していることが背景にあるのかも知れません。

とは言うものの、各保険会社の対応はバラバラです。
各社の対応状況は以下のとおりとなっています。

≫値下げ組
オリックス生命、三井住友海上あいおい生命、メットライフ生命、ネオファースト生命

≫据置組
ソニー生命、東京海上日動あんしん生命

≫値上げ組
日本生命「総合医療保険」


値下げ組は、この困難な時期にこそ「値下げ」により、一気にシェア確保に走ったようです。

特に「新キュア」の場合、1年間の新契約件数が36.5万件と、アフラック「EVER」の45.3万件に次ぎ2位に甘んじていますから、「新キュア」の優れた商品性+値下げにより、今の順位を逆転し、医療保険の首位を狙っていることは明確です。

これに対しアフラック「EVER」がどう出るのか?
楽しみです・・・


私の個人的見解では、以前は「EVER」の優位性は明確でしたが、はっきり言って今では「新キュア」のコスパの方が優れています。

ではなぜアフラック「EVER」が今でも1位を維持できているのか?

その理由として、テレビCMの余りの多さと、一般の方が保険のコスパについて比較ができない(多くのFPも同様の)ためであると考えられます。

もう一つの理由として、保険ショップの利用が増えているため、「騙される人」が多く居ることです。ですから「無料相談」にのこのこ出かけていくのもどうかと思います。


いずれにしてもこの超低金利の世の中で、コスパの良い保険を選ぶことは難しいのですが、私の考える基準は次のとおりです。

1 貯蓄性がまったくなくなったので、終身保険はクズしかなく、一方短期の「定期保険」はお得になりました。

2 医療保険も「定期タイプ」がおすすめであり、60歳以降は保険を解約し、貯蓄で対応するのが最もコスパが良くなります。

3 はっきり言って契約期間が10年を超える保険は、90%以上の確率で損をしますから、一切関わらないことです。


蛇足
銀行はAIとフィンテックにより将来消滅すると言われています。
保険会社も似たもので、やがては消滅するかも知れません。
(このことは就活生の常識となっており、現状大手の銀行などは新卒採用を大幅に縮小しています。)
ですから10年後、20年後に「第一生命」「日本生命」「明治安田生命」などがそのまま存在していると考えず、1000万円近い金額(大事な老後生活資金)を保険会社に丸投げするようなことは止めた方が良いと思います。


保険も金融商品ですから自己責任でお願いします。


2018年8月3日金曜日

保険選びのアドバイスをまとめたダイジェスト

2018/8/3更新


いままで多くの投稿をしましたが、そのすべてを保険選びの段階別にまとめてみました。

ここを見れば、ほぼすべての投稿を俯瞰して見ることができますので、
「ポータル投稿」として活用してください。

家計見直し相談の受付


投資関係のブログもあります。

お得な自分年金の作り方

正しいNISAの使い方

明治安田生命の「年金ひとすじワイド」はお得か?

ニッセイの外貨建て終身保険(ロングドリームGOLD)の評価



1 保険に入る目的はなんですか?

保険は、人生におけるリスク、不意の出費や収入の途絶に対して、「金銭的にカバーする」ために買う商品です。

そこで大事なことは、大中小の経済的なリスクのうち大リスクにだけ保険をかけることです。
数万円の給付金やお祝い金を保険に期待するとムダな保険料を払うことになります。
家計にとって10万円以下の中小リスクは貯蓄で対処するのが最適です。

あなたの家計にとって大リスクが何かをハッキリさせなければなりません。
人生の不安はたぶんピンポイント(例えば「がん」になること)だと思いますが、個別の事象よりも「いくらのリスク」なのか、金銭的な多寡で判断することをお勧めします。



保険の正しい使い方

保険選びをする時の基本的な考え方

リスクってなに?

保険に入る必要はあるのか?

保険に入るための基礎知識

保険はどのように選んだらよいか(その1)

「貯蓄があれば保険は不要」の嘘・・・の検証




2 保険と貯金の違い

保険は損な商品です。
でも僅かなお金で大きな保障を買えるのですばらしい商品でもあります。

ですから保険で、僅かな保障を買うのはバカげています。
そして損な商品ですから、貯金に比べてお金は貯まりません。

老後資金の貯め方と運用方法

30代、40代の独身女性へ・・・FPの心からのアドバイス

個人年金保険の選び方、止め方

明治安田生命の「年金ひとすじワイド」はお得か?

金融商品として保険を見たら  ←オススメ

金融商品として保険を見たら(その2)

生命保険の原価  ←オススメ

各社原価率の比較  ←オススメ

寿命が延びることで保険会社はぼろ儲け!

学資保険の選び方

終身保険を検討中のあなたへ

人気の外貨建て保険を利回りで比較してみました  ←オススメ

東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」と「長割り終身」どっちがお得?


3 よい保険選び

目的に合った保険を選ぶことです。
医療保険なら、主要な病気(経済的に大きな負担となる病気やケガ)になったとき、過不足なく「費用負担全体をカバーしてくれる保険」がベストです。

入院費用の何倍も給付金がもらえる保険は最悪です。
保険料をドブに捨てることになります。保険は宝くじとは違います。

いろいろな状況に応じて多くの特約(がんに手厚い、女性に手厚い、ICU利用など)がありますが、あまり枝葉にこだわらず、幹(主要な病気になったときの医療費)をしっかり見ることです。

具体的には、長期入院となる病気(脳梗塞、糖尿病)、治療費が高い病気(がん、心臓病)などを適切に保障してくれる保険を選びましょう。


これからの保険の選び方 ←トテモオススメ

「一時払い外貨建て保険」を買ってはいけない明確な理由

「イールドカーブ・コントロール」により「標準利率」を下げる必要性は無くなった!

医療保険を選ぶ基準

日帰り入院保障はいらない !

通院保障はほんとうに必要なのだろうか?

ニッセイみらいのカタチ「総合医療保険」に医療保険を選ぶ基準をあてはめてみたら

ガン保険の選び方 ←トテモオススメ



人気の外貨建て保険を利回りで比較してみました。

おすすめの収入保障保険

がんなどの入院費用はいくらかかるか?(胃がん)

がんなどの入院費用はいくらかかるか?(乳がん)

がんなどの入院費用はいくらかかるか?(脳梗塞)

がんなどの入院費用はいくらかかるか?(急性心筋梗塞)


医療保険の入院日額はいくらぐらいか?  ←オススメ

入院したら1日平均でいくらぐらいか-厚労省データからご紹介します  ←オススメ

だれでも入れる保険ってどうなの?

死亡保障を割安な保険料にする方法

手術給付金、いったいどれがお得なの?

先進医療について

女性医療について

医療保険に「移植医療保障特約」は付けるべきか

住宅ローンを借りるときの団体信用生命保険はお得か?(その1)

医療保険とがん保険を検討するときに参考となる入院日数、医療費等の資料

個人年金保険に興味のある方へ 個人年金保険の選び方、止め方



4 個人保険に入る前に公的な保険である「社会保険」を知りましょう

国の保障は極めて手厚く制度がつくられています。

医療については、どんな病気になっても支払いは月額10万円を越えることはありません。
個人で保険に入るのは、ほんのオマケ程度と考えても間違いではありません。



パート収入と税金と社会保険の基礎知識  ←オススメ

こんなにお得な高額療養費制度!  ←オススメ

こんなに手厚い社会保険(その1)

人生の後半で必要な医療費と介護費用はいくらか

介護保険の基礎(その1)

ここでチョット年金のお話です!

離婚を検討中のあなたへ



5 保障内容は単純明快がベスト

保険に入る目的を再確認してください。
1つの目的に1つの保険が原則です。

分かりやすい単純な保険をお勧めします。
特約は付けないことが原則です。
主契約の保障=保険に加入する目的となるようにしましょう。



第一生命のメディカルエールはお得か?

第一生命順風ライフ パワーメディカルの評価について

第一生命㈱の医療保険「主役人生」

第一生命「ながいき物語」の分析

第一生命㈱の保険

ネオファースト生命の終身医療保険

ライフアカウントLA医療リンクシリーズはお得か?

アカウント型保険の本質

ニッセイの外貨建て終身保険(ロングドリームGOLD)の評価

日本生命の「みらいサポートEX」

ニッセイみらいのカタチ「総合医療保険」とCURE(キュア)を比較してみました

オリックス生命の比較広告について





メットライフ生命「Flexiフレキシィ」とアフラックの「EVER」を比べてみました。 ←オススメ

損保ジャパンDIY生命の保険は安いか?

アメリカンホーム保険の「みんなのほすピタる3,000」の評価

アイエヌジー(ING)生命保険の「Smart Vision(スマートビジョン)」はお得か?

東京海上日動あんしん生命の「メディカルKit R」・・・をFPが分析

「メディカルKit R」に20歳で加入したら・・・お得なの?

楽天生命保険の「楽天生命スマート」はお得?



6 保険の参考知識


乳ガン検診(マンモグラフィー検査)の真実

外貨建て一時払い年金保険の手数料の実態

トンチン年金の真実

定期保険料の値下げが始まる!

手術の医科点数と医療保険の手術給付金の関係について

有配当保険と無配当保険 どっちがお得?

医科点数表(手術)のUP

アフラックの研究

「共済の研究」

未来の保険はどうなるのだろう ?

地震保険の基礎的な知識(その1 導入編)

定期型と終身型どっちがお得?

税金で悩んだらここを見てください!

最高裁が年金払いの生命保険への所得税課税について二重課税と認定

配当金と解約返戻金

「予定利率」を知るために

賢い保険の乗り換え方法

来店型保険ショップの問題点

来店型保険ショップの実体

投稿ページ人気ランキング



Copyright Kawashima fp office .
All rights reserved.

2018年3月30日金曜日

アフラックの「生きるためのがん保険Days 1」はお得か?


アフラックは、4月2日からがん保険「Days 1」の販売を開始します。

Daysの何がどう変わったのか、新旧商品及びオリックス生命のがん保険Believe(ビリーブ)と比較してみました。

現在の「新Days」の評価はこちらに書きましたが、Daysの不人気を反省し、「新Days」では保険料を5.3%値下げしています。

参考
「新Days」発売時、予定利率が1.5%から1%に下げられ、他社が一斉に値上げに動く中で、アフラックは敢然と主力であるがん保険の値下げに踏み切りました。

しかし2017年度のアフラックの経営状況は、がん保険の新契約の前年割れが続いており、抜本的なてこ入れが必要な状況となっています。

そこで再度の値下げか?と期待したところ、残念・・・大幅な値上げでした。

つぎの表をご覧ください。

表の説明
いずれも前提は50歳男性、終身払い、入院日額1万円、通院1万円の場合で比較しています。累計保険料は、50歳男性の平均余命を100歳として、50年間の保険料を合計した額を示しています。(人生100歳時代だそうです。・・・ほんとうかな~~?)

さて、アフラックによると「Days1」の主な特徴は、

①4つの特約を新設
 特定診断給付金特約
  (診断給付金を100万円の場合と50万円の場合に分けた)
  特定保険料払込免除
  (がんによる所定の入院・通院または2回目のがんの診断を受け所定の入院・通院をしたとき)
 緩和療養特約
  (がんによる痛みを緩和するための入院または通院、在宅療養の場合)

②通院、手術、複数回診断の支払事由の拡大
   通院(退院の翌日からだったものが、診断日や治療中の通院にも適用)
   手術(骨髄移植も適用になった)
  複数回診断
  (がんまたは上皮内新生物による入院が、入院または所定の通院に拡大)

だそうです。(カッコ内は私のコメントです。)

ものは言いようで、「4つの特約を新設」とか言っていますが、この新設により契約者がもらえる給付金額は「新Days」よりも減らされています。

という理由は、

「Days1」では、これまでの「診断給付金」を「診断給付金+特定診断給付金」に分けています。

なんのために?  ・・・給付金を減らすためです。

「新Days」では、がんの確定診断で100万円(満額)が出ますが、「Days1」では確定診断のみでは50万円(半額)、「所定の条件」に合えば+50万円を上乗せ給付となっており、満額の100万円がもらえる条件がよりきびしくなっています。

また「Days1」では、上皮内での入院や通院では特定診断給付金はもらえなくなりました。  (表の上皮内新生物の給付金額参照。10万円 → 5万円)

オリックス生命のがん保険Believe(ビリーブ)が、上皮内でも診断、入院、手術、退院においてがんと同額を保障しているのに比べると、「Days1」はケチりすぎです。

ということで、診断給付金に「特定」が付けられているのは、給付金の「支払い事由をきびしくしました。」という意味なのです。

一方アフラックが「保障内容を大幅に強化した」という部分もあります。

診断給付金複数回支払特約は「新Days」にはありませんでしたが、今回新たに付加しています。

この複数回支払の条件は、アフラック及びオリックスそれぞれ次のように規定されています。

「Believe」:がんの治療を目的として入院したとき(2年に1回を基準に何度でも)
「Days1」:がん診断後、2年経過後にがんと診断確定されていて、その治療目的で入院または所定の通院をした場合

ほぼ同様の内容と考えられますが、2回目にがんと診断確定されるかどうか、その判定はかなりきびしくなるのかも?。

この他に、再発、治療の長期化への対応として特定保険料払込免除特約が付けられています。

この特約は自営業者などは付加しますが、サラリーマンは健康保険から傷病手当金(標準報酬の約67%)がもらえるので、付ける人は希です。

その希な特約をパッケージ化してしまい、客単価をUPさせようとするのはいかがなものか?

私の感想
保険会社はその時々で、セールスポイントを強調します。Days発売当初は「これからは、がんは通院治療が主流だ!」とか言って、手術を無くして、通院だけにしてしまいましたが、新Daysでは手術を復活させています。そして今回は「生きるためがん保険」ということで、手術 や様々のがん治療方法を手厚く保障しています。あれれ・・・通院治療が主流ではなかったのかな? ・・・その時々のセールスポイントとは、とにかく売るための口実にすぎないのです。

まとめ

1 がん治療(手術含む)については、「Days1」が治療範囲を幅広くカバーし、その内容により給付金をきめ細かく設定しているものの、あまりにチマチマしすぎており、私は手術に重点をしぼり、一律に20万円をどかんと給付する「Believe」がより望ましい保障内容と考えます。

2 診断給付金及び特定診断給付金については、明確に「Believe」がお得です。

3 入院一時金(診断給付金複数回支払特約)についてはほぼ互角

4 上皮内新生物については、がんと同額を保障している「Believe」が圧倒的に優れています。

5 退院一時金については「Believe」が優れています。

6 保険料免除については「Days1」が優れています。(余計な特約であり、客単価UPが目的としか思えない。)

7 先進医療については、1000万円から2000万円にUPしていますが、この恩恵を受けられる人はたぶん日本国内で数人しかいないでしょう。それにこの給付対象のがん粒子線治療は順次保険適用が拡大されており、その場合300万円程度かかる治療費が10万円前後にまで軽減します。(昨年厚労省は、前立腺がんや頭頸部のがんの一部に公的医療保険を適用する方針を決めました。)

8 保険料について、「Days1」は「新Days」や「Believe」にくらべ保障内容は、ほぼ横並び&チマチマ・ケチケチ給付としただけなので、「Believe」よりも100万円高い理由が私には分かりません。

以上より、この3商品の中では「Believe」がベストです。


蛇足
アフラックもチャールズ・レイクさんが居なくなり、日本人の代表者になったのだから、とかく噂のある(保険金支払い体制のずさんさ、過度な営業姿勢、不透明な保険料の運用)などをこの際一掃し、儲け一点張りの姿勢を少し変えてもいいんじゃないのかな・・・




2018年3月22日木曜日

パート収入と税金と社会保険の基礎知識(その2)


2016年10月からパートでも年収106万円以上の人は社会保険に加入できる(せざるを得ない)ようになりました。詳細はこちらをご覧ください。

一方、パートの奥さんを扶養している旦那さん(納税者)の配偶者控除の適用範囲が平成30年から拡大されます。(税金が安くなります。)

配偶者控除とは、奥さんを養っているといろいろと出費が嵩んで大変でしょうと、奥さんのための支出については税金を掛けないよう配慮してくれています。

奥さんの中には、ブランドバックを買い、豪華なランチを食べている派手な人や、貯蓄が趣味という地味な人もいますが、不公平にならないように、奥さんのための予算額は一律38万円と決められています。(配偶者の収入が103万円までは、課税所得が0円なので、旦那さん(納税者)の配偶者控除額は満額の38万円となります。)

このため、旦那さん(納税者)の所得からは奥さんのための金額として38万円が差し引かれ(非課税となる)、残った金額(課税所得)に税金が掛けられます。

でも奥さんのパート収入が104万円になったら控除額が0円というのも可哀想なので、141万円まではだんだんと控除額を減らすように考慮されていました。

一方、2016年10月からパートでも厚生年金や健康保険に加入できるようになり、これまでの103万円の壁を乗り越える奥さんたちが増えつつあります。

しかし奥さんの収入が伸びても、社会保険料の負担や、旦那さんの配偶者控除がなくなってしまうハンデなどにより、家計としては思ったほどには収入が伸びていません。

そこで、「103万円の壁」「106万円の壁」「141万円の壁」を乗り越えても家計収入がグンと伸び、パートの労働人口も増えるよう、政府は配偶者特別控除を大幅に拡大しました。

これまでは、奥さんの収入が141万円以上なら、納税者本人、つまり旦那さんの収入から差し引ける配偶者特別控除額は0円でしたが、平成30年よりこれが201万円に拡大されたのです。

平成29年4月財務省パンフレット「税制改正」より(図をクリックすると拡大します)

この図の説明
これまでは、奥さんの収入が103万円以内なら配偶者控除は満額の38万円でしたが、平成30年からは、これが150万円に拡大されたため、パート収入が150万円以内なら、旦那さんの収入から満額の38万円を差し引くことができます。(税率が20%なら税金が7.6万円安くなります。)

奥さんの収入が150万円から201万円の間は、この控除額が38万円からだんだんと下がり、201万円となったら、配偶者特別控除額は0円になります。

注意
これが適用されるのは、旦那さん(納税者本人)の収入が1,120万円以下の場合です。また内縁関係では配偶者控除は適用されません。

この図より、拡大されたのは配偶者特別控除であり、配偶者控除については現行どおりとなっています。

なぜ配偶者控除を変更しなかったのか不思議なのですが、多分配偶者特別控除の方が、簡単に変更でき、いつでも元に戻せるので財務省にとってはさじ加減をしやすかったのではないでしょうか。

いずれにしても夫婦の家計にとっては年間数十万円も収入が増やせるので、パートの奥さんは103万円の壁を乗り越えバンバン稼ぎましょう。

そうすることで、人手不足も解消し、日本のGDPも右肩上がりとなり、景気回復に多大の効果が出る・・・かも知れません。

参考
①妻の収入が多く、夫の収入が150万円という場合は、妻が納税者本人となり、夫が配偶者として前記の配偶者特別控除が納税者本人(妻)に適用されます。
②共働きで育休中の妻の場合、育児休業給付金には所得税がかかりませんから、納税者(夫)に配偶者控除、配偶者特別控除が適用される可能性があります。(年末調整や確定申告により税金の還付を受けられます。)


その1