2018年3月30日金曜日

アフラックの「生きるためのがん保険Days 1」はお得か?


アフラックは、4月2日からがん保険「Days 1」の販売を開始します。

Daysの何がどう変わったのか、新旧商品及びオリックス生命のがん保険Believe(ビリーブ)と比較してみました。

現在の「新Days」の評価はこちらに書きましたが、Daysの不人気を反省し、「新Days」では保険料を5.3%値下げしています。

参考
「新Days」発売時、予定利率が1.5%から1%に下げられ、他社が一斉に値上げに動く中で、アフラックは敢然と主力であるがん保険の値下げに踏み切りました。

しかし2017年度のアフラックの経営状況は、がん保険の新契約の前年割れが続いており、抜本的なてこ入れが必要な状況となっています。

そこで再度の値下げか?と期待したところ、残念・・・大幅な値上げでした。

つぎの表をご覧ください。

表の説明
いずれも前提は50歳男性、終身払い、入院日額1万円、通院1万円の場合で比較しています。累計保険料は、50歳男性の平均余命を100歳として、50年間の保険料を合計した額を示しています。(人生100歳時代だそうです。・・・ほんとうかな~~?)

さて、アフラックによると「Days1」の主な特徴は、

①4つの特約を新設
 特定診断給付金特約
  (診断給付金を100万円の場合と50万円の場合に分けた)
  特定保険料払込免除
  (がんによる所定の入院・通院または2回目のがんの診断を受け所定の入院・通院をしたとき)
 緩和療養特約
  (がんによる痛みを緩和するための入院または通院、在宅療養の場合)

②通院、手術、複数回診断の支払事由の拡大
   通院(退院の翌日からだったものが、診断日や治療中の通院にも適用)
   手術(骨髄移植も適用になった)
  複数回診断
  (がんまたは上皮内新生物による入院が、入院または所定の通院に拡大)

だそうです。(カッコ内は私のコメントです。)

ものは言いようで、「4つの特約を新設」とか言っていますが、この新設により契約者がもらえる給付金額は「新Days」よりも減らされています。

という理由は、

「Days1」では、これまでの「診断給付金」を「診断給付金+特定診断給付金」に分けています。

なんのために?  ・・・給付金を減らすためです。

「新Days」では、がんの確定診断で100万円(満額)が出ますが、「Days1」では確定診断のみでは50万円(半額)、「所定の条件」に合えば+50万円を上乗せ給付となっており、満額の100万円がもらえる条件がよりきびしくなっています。

また「Days1」では、上皮内での入院や通院では特定診断給付金はもらえなくなりました。  (表の上皮内新生物の給付金額参照。10万円 → 5万円)

オリックス生命のがん保険Believe(ビリーブ)が、上皮内でも診断、入院、手術、退院においてがんと同額を保障しているのに比べると、「Days1」はケチりすぎです。

ということで、診断給付金に「特定」が付けられているのは、給付金の「支払い事由をきびしくしました。」という意味なのです。

一方アフラックが「保障内容を大幅に強化した」という部分もあります。

診断給付金複数回支払特約は「新Days」にはありませんでしたが、今回新たに付加しています。

この複数回支払の条件は、アフラック及びオリックスそれぞれ次のように規定されています。

「Believe」:がんの治療を目的として入院したとき(2年に1回を基準に何度でも)
「Days1」:がん診断後、2年経過後にがんと診断確定されていて、その治療目的で入院または所定の通院をした場合

ほぼ同様の内容と考えられますが、2回目にがんと診断確定されるかどうか、その判定はかなりきびしくなるのかも?。

この他に、再発、治療の長期化への対応として特定保険料払込免除特約が付けられています。

この特約は自営業者などは付加しますが、サラリーマンは健康保険から傷病手当金(標準報酬の約67%)がもらえるので、付ける人は希です。

その希な特約をパッケージ化してしまい、客単価をUPさせようとするのはいかがなものか?

私の感想
保険会社はその時々で、セールスポイントを強調します。Days発売当初は「これからは、がんは通院治療が主流だ!」とか言って、手術を無くして、通院だけにしてしまいましたが、新Daysでは手術を復活させています。そして今回は「生きるためがん保険」ということで、手術 や様々のがん治療方法を手厚く保障しています。あれれ・・・通院治療が主流ではなかったのかな? ・・・その時々のセールスポイントとは、とにかく売るための口実にすぎないのです。

まとめ

1 がん治療(手術含む)については、「Days1」が治療範囲を幅広くカバーし、その内容により給付金をきめ細かく設定しているものの、あまりにチマチマしすぎており、私は手術に重点をしぼり、一律に20万円をどかんと給付する「Believe」がより望ましい保障内容と考えます。

2 診断給付金及び特定診断給付金については、明確に「Believe」がお得です。

3 入院一時金(診断給付金複数回支払特約)についてはほぼ互角

4 上皮内新生物については、がんと同額を保障している「Believe」が圧倒的に優れています。

5 退院一時金については「Believe」が優れています。

6 保険料免除については「Days1」が優れています。(余計な特約であり、客単価UPが目的としか思えない。)

7 先進医療については、1000万円から2000万円にUPしていますが、この恩恵を受けられる人はたぶん日本国内で数人しかいないでしょう。それにこの給付対象のがん粒子線治療は順次保険適用が拡大されており、その場合300万円程度かかる治療費が10万円前後にまで軽減します。(昨年厚労省は、前立腺がんや頭頸部のがんの一部に公的医療保険を適用する方針を決めました。)

8 保険料について、「Days1」は「新Days」や「Believe」にくらべ保障内容は、ほぼ横並び&チマチマ・ケチケチ給付としただけなので、「Believe」よりも100万円高い理由が私には分かりません。

以上より、この3商品の中では「Believe」がベストです。


蛇足
アフラックもチャールズ・レイクさんが居なくなり、日本人の代表者になったのだから、とかく噂のある(保険金支払い体制のずさんさ、過度な営業姿勢、不透明な保険料の運用)などをこの際一掃し、儲け一点張りの姿勢を少し変えてもいいんじゃないのかな・・・