2014年9月20日土曜日

アフラックのがん保険「新Days」の評価

やっぱりネ!

Daysがリニューアルされました。
「新Days(デイズ)」は9月22日から発売されます。

アフラックの研究で記したように、がん保険は自転車操業状態(新契約65万件、解約65万件)でしたから、Daysの不人気ぶりはひどく、早晩リニューアルされるだろうと思っていました。


リニューアルとは言え、看板を掛け替えただけで、結局の所「実質的な値下げ」となっています。

昨年標準利率が1.5%から1%に下げられ、保険各社では終身保険など値上げが続いていましたが、アフラックではどうしても看板の「がん保険」のシェアを確保するため、「値下げ」に踏み切ったようです。

でも既契約者の保険料は下がりませんから、ひどいがん保険を割高で契約させられた現実は解約以外に解消されることはありません。


ではどのくらい値下げされたのか。

50歳男性の場合

新DaysでAプランと言っているのは、Daysのスタンダードプランに相当しますから、この保険料で比較してみます。

Daysは月額7,380円、新Daysが6,990円ですから、390円安くなっています。(約5.3%引き)

60台女性の場合は8.1%安くなっています。(予定利率が1%に低下しているため、余命の短い高齢者の保険料が割安となっています。)

保障内容はほぼ同一ですが、新Daysではベースプラン(お手軽プラン)を無くしてしまい、50歳以上でないと選択できないようにしてしまいました。

Daysの最も悪い点は、手術給付金を無くして、通院だけにしてしまったことでしたが、アフラックも反省したのか、新DaysのAプランには手術がパッケージされています。(当然その分割高になっています。)

アフラックは、がん治療は入院から通院へとさかんに宣伝していましたが、まちがいを認めたのかな?


さて新Daysはおすすめかというと、まだまだ割高ですし、いらない「通院」が付けられているので、私はNOです。


アフラックの「生きるためのがん保険Days 1」はお得か?