2015年3月10日火曜日

手術給付金、いったいどれがお得なの?

人気の医療保険を比べて見ました(その2)で手術給付について評価しましたが、もうすこし定量的な分析をしてみました。


対象は次の6社の医療保険です。

○オリックス生命 「新CURE

○アフラック  「EVER

○メットライフ生命「フレキシィ

○損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新健康のお守り

○東京海上日動あんしん生命「メディカルKit Ⅰ型

○アメリカンホーム保険「総合医療タイプα


その2)の投稿で区分したように手術給付金については、

①入院中の手術なら同じ金額を給付するタイプ(新CURE、フレキシィ 、メディカルKit)
②手術の重要度により給付金に差があるタイプ(EVER、新健康のお守り)
③従来区分(約88種類)の手術は一律その他の保険適用手術(1000種類)には減額給付するタイプ(楽天生命スマート)

などがありとてもややこしい。


・・・でどれがいいの?


この質問に答えるのはとても難しく、私の知る限りまともに答えているものはありません。


しかたがないので「平成23年患者調査」からそれぞれの医療保険について手術給付の期待値を試算してみました。


「平成23年患者調査」の内容は次のとおりです。
基本資料
調査期間:平成23年9月1日~30日


保険会社の約款に書いてある支払基準と患者調査の手術区分では明確な対応が難しいのですが、患者調査のデータを保険会社は必ず使っているはずですから対応がとれるものと考え、無い知恵をしぼってなんとか期待値をはじき出してみました。
(ただし信頼性はイマイチです。)


約款と患者調査の手術区分の対応において私は次のようにしています。

重大手術:開頭手術、開胸手術、開腹手術、悪性新生物の手術、心臓関連の手術

中程度手術:腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術、筋骨格系手術(四肢体幹)

軽度手術:その他の内視鏡下手術、経皮的血管内手術、その他

日帰り手術:こちらの投稿を参考に手術総数の2.8%が日帰り手術としています。


まず重大な手術の範囲について、健康のお守りとEVERを比較すると、


重大手術については概ね両社とも対象範囲は同様のようですが、よく見ると新健康のお守りは原因はともかく開頭手術では40万円が給付されますが、EVERは頭蓋内腫瘍開頭摘出手術だけに限定されています。

つまりくも膜下出血や脳梗塞などの脳血管疾患での開頭手術ではEVERは40万円ではなく10万円しか給付されないということになります。

循環器系の疾患でくも膜下出血や脳梗塞などの退院患者数は約20万人に対して、中枢神経系の悪性新生物の退院患者数は約1,300人しかいませんから、アフラックはこの項目でかなり給付金の支払いをけちっているようです。


では以上を前提として各医療保険について手術区分ごとに試算した期待値は次のとおりです。



期待値がもっとも高いのは新CUREとフレキシィです。
期待値が高いということは、平均すると手術給付金が他の医療保険よりも多くもらえることになります。

新CUREとフレキシィは入院中の手術に対して一律に20万円(入院日額1万円の場合)が給付されるため、重大手術では期待値が低くなるものの、手術件数が多い中程度以下の手術に対しても20万円が給付されるため、この保険を契約した方がハッピーになれるチャンスが多いといえます。

重大手術で期待値が低いからといって給付金20万円で不足するのかというと、入院日額も考慮すると合計で30万円は超えるでしょうから、こちらの投稿のとおり三大疾病で入院し手術した場合においてもそこそこ安心できる補償内容といえます。


3位4位は新健康のお守りとEVERです。

重大手術では40万円が給付されるため、この期待値が大きいのですが、もっともありそうなふつーの手術ではしょぼい期待値となってしまいます。

重大手術でEVERは新健康のお守りよりも10円低くなっていますが、開頭手術でけちっているためです。

消費者の無知につけ込んだこのようなやり方は卑怯だと私は思うのですがいかがでしょう。
(会社としては約款に書いてあり、重要事項でも説明し、その内容を承知して契約しているはずなので問題は無い、とたぶんいうのでしょうが。どーなんだろ?)


メディカルKitと総合医療タイプαの5位以下グループは新CUREとフレキシィの半額、まあコメントとしては低いねー・・・です。ぼったくりとはいいませんが。

これをおすすめしてくる保険ショップや自称FPには気をつけたほうがよいでしょう。


最後にこの期待値は正しいのって言われるとあまり自信はありませんが、当たらずいえども遠からず程度に参考としてしていただければよいのでは。